« セキュリティLED取り付け方法 ① | トップページ | マイ ルーツ ⑫ »

2010年8月17日 (火)

セキュリティLED取り付け方法 ②

ミラーを外した状態から説明します。

1枚目の写真の矢印の溝をマイナスドライバー等でこじ開けます。
私がやってしまったような傷がつかないように注意しましょう・・・とは言っても、ドライバーを使って無傷で開けるのは結構難しいと思います。スクレイパーとか金属製のフライ返し等、広めのヘラを使った方がうまく出来るかも知れません。(やってないので分かりませんが)
私の場合はミラー型探知機をかぶせると見えなくなるので、これでOKとしました。

2枚目の写真は、コネクターのピン入れ替えのため、コネクター根元のフックを外した状態です。こちらもマイナスドライバー等でこじ開けてフックを開くと、ピンを容易に抜き挿しできる状態になります。
ここで9番に入っている緑色線を3番に入れ替えます。そして基板に至る途中で切断します。これで3番ピンからACC電源を引き込めるようになります。
なお、くれぐれも緑色線以外は絶対に切断してはいけません!また、配線の色は年式等で異なるかもしれませんので、必ずコネクターの番号で確認してください。

3番目の写真は、ミラー内部に点滅回路付LEDを仕込んだ状態です。
ETCや自動防眩等が組み込まれていなければ、キーレスリモコンと純正LED用の基板以外はほとんど空洞のはずです。なので、配線や点滅回路などを十分に収めるスペースがあります。
入れ替えた3番線はACC、8番線は常時電源、10番線はアース、となりますので、入手したLED回路のマニュアルに従って接続します。私はエーモンの圧着式分岐配線コネクター(品番:1147 http://www.amon.co.jp/seihi/seihi_data.php?id=12147)を使用しました。

4番目の写真は、LEDを取り付けた部分のアップです。見えにくいですが、LEDをポッチの中に挿し込み、中心軸に結束バンドで固定しています。私の場合は、元々あったLEDは切断して取り外しました。なお、キーレスが赤外線式の場合は受光センサーがあるので、余計な事はしない方が良いでしょう。

以上です。質問等はコメントでどうぞ。

|

« セキュリティLED取り付け方法 ① | トップページ | マイ ルーツ ⑫ »

BMW」カテゴリの記事

DIY・工作・改造」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。

質問なのですが、
赤いポッチはどうやって外すのでしょうか?
外して加工しなければLEDを入れ込めませんよね?

投稿: ゆう | 2013年5月 3日 (金) 16時00分

久しぶりにブログを開いてコメントに気づきました。
申し訳ございません。

ポッチは外さなくても、ミラーを開いた時点で、ミラー内側からポッチ内にLEDを挿入することができます。(ポッチ内にはアクセス可能です。)写真を見れば分かりますが、LEDはミラー内で上から下向きに挿入しています。ただし、LEDは事前にリード延長が必要です。私が購入したものは、数十センチのリードがありました。

投稿: たぬこぱぱ | 2013年6月23日 (日) 04時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/569156/50261487

この記事へのトラックバック一覧です: セキュリティLED取り付け方法 ②:

« セキュリティLED取り付け方法 ① | トップページ | マイ ルーツ ⑫ »