« お食い初め | トップページ | 放射能汚染の信頼情報 »

2011年3月30日 (水)

水道水の放射線量の限度値

今は数値が下がりましたが、水道水から基準値を超える放射性ヨウ素131が検出されました。わが家はもちろんのこと、乳児のお子様をお持ちの方々には非常に心配なことと思います。

一方で、基準値については様々な間違った情報が流れ、政府や報道の発表も正確性を欠いています。
ここに、水道水の放射性ヨウ素131の各基準を、厳しい方から列挙します。(セシウムやストロンチウムを除く)
単位はいずれもBq/Kgです。(水なのでKgもLも同じと考えてよい)

  10・・WHOが定める、平常時の基準。1年以上の長期にわたって摂取できる。
 100・・WHOが定める、非常時の基準。期間は不明確?上記からおそらく1年未満。
 100・・今回の国の暫定基準、乳児。
 300・・今回の国の暫定基準、乳児以外。
3000・・IAEAが定める、非常時の基準。WHOも合意。期間はすいません不明です。

※ 1Bq/Kgの基準はデマでした。削除とともにお詫びいたします。

日本の基準は欧米の300倍だ、いや10分の1だ、と話がかみ合わない議論になっていますが、この表をみればほぼ全て解決すると思います。

なぜ平常時と非常時で分けているかというと、放射線による健康被害よりも、脱水症状をおこして死亡するリスクのほうが、差し迫った危機だからでしょう。これは食物の場合でも全く同じです。餓死するリスクの方がはるかに危険ですね。
国なども「IAEAの基準値内であれば、直ちに健康被害が出るものではないので、ごく短期間なら飲んでも差し支えないが、当面は国の暫定基準値以上での飲用は控えてほしい。ただし、暫定基準値内でも長期間の飲用は避け、心配なら10Bq以下に下がってから飲んでほしい」とでも言うべきでした。
原発事故が早く収束する希望的観測を盛り込んでいたのかもしれませんが、再度放射性物質が大量飛散するなどが起こって長期化するようなら、問題となりそうです。まあ、東京は既に蛇口レベルで10Bqを切っていますが・・。

わが息子には、1Bqに近い値に戻るまではミネラルウオーターでミルクを与えます。
ある意味、乳児の方がコントロールしやすいんですね。

ある情報ソースだけに惑わされず、なるべく多くの情報を集め、整理し、自分で判断することが求められますね。
当面は、情報が整理できたものから、当ブログにアップしていこうと思います。

|

« お食い初め | トップページ | 放射能汚染の信頼情報 »

ニュース」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

育児」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/569156/51262527

この記事へのトラックバック一覧です: 水道水の放射線量の限度値:

« お食い初め | トップページ | 放射能汚染の信頼情報 »