パソコン・インターネット

2011年8月 4日 (木)

周辺機器も更新

こんなものも買いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月31日 (日)

Mac mini更新!

Mac miniの最新機種が発売されたので、即購入です。

OS: Mac OS X 10.7 Lion
CPU: Core i7 2.7GHz (BTOアップグレード)
GPU: RadeonHD 6630M
RAM: 8GB (セルフ換装)
HDD: 750GB 7200rpm (BTOアップグレード)

快適そのものです。しかし、メモリーも安くなりましたね・・。BTOで純正品は8GBアップグレードで1万8千円、私が買ったのは5980円です。更にその後安くなりましたが・・・。
ついでに周辺機器一式も更新したので、次回に。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月31日 (日)

Kindle3 返金!

Amazon.comからUS$10.50を返金するとのメールがありました。
注文時のメールを読み返すと、Depositが$10.50となってましたね・・。
という訳で、送料込みで差し引き$209.98が購入金額です。

円高のタイミングで返金してもらうのも複雑な気分ですが・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月26日 (火)

無線LANの11n化・・その後

無線LANの11n化ですが、
 ・チャンネルが重ならないように、かつチャンネルの空き幅を取って13ch固定とする
 ・周波数帯域幅を40MHzではなく20MHzにする
ことで安定しました。
20MHzの帯域にしたことで、理論速度で最大72Mbpsとなり、実効速度で若干(最大2割ほど?)落ちたようですが、それでも実効最大35Mbpsでネットに繋がるので、まあこれで良しとします。

無線LANの2.4GHz帯は、帯域幅を20MHzにしても各チャンネルの帯域が重なってしまいます。帯域が重ならないようにすると実質3ch分しか使えないようです。さらに40MHzにすると2chくらいしか使えないため、周囲でいくつかのチャンネルが使用されていると、重ならずに使えるのは不可能となります。
2.4GHz帯は、電子レンジが9ch付近を使用する他、他にもBluetoothなども使用し、混信が激しいです。無線LANに限っても、自宅周囲ではほとんどのチャンネルが使われているようで、混信を避けるのは容易ではありません。たまたま、12ch、13chが空いていたので、13ch固定で使用するようにしました。13chであれば、下の帯域は11ch付近で重なるようですが、上の方の帯域は、少なくとも無線LANでは重ならないので、安定化につながったようです。

ある程度根本的に解決するには、5.2GHz帯の11nに移行するしか無いようです。なので、1年後のMac miniの更新まで、このままで行きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月21日 (木)

Mac OS X Lion

Mac OS X Lion が発表になりました。来年夏発売だそうです。

これで、我がMac miniの更新時期も見えてきました。
Lion搭載かつCPUがCore iシリーズになった最初のMac miniにしようかと思います。
発売は来年秋〜冬頃でしょうかね。今のmini購入からちょうど5年経過するので、いいタイミングです。
記憶装置もHDDではなく、新しいMacBook Airのようなフラッシュストレージになっているかもしれませんね。

あと、Mac OS X Lionの機能からすると。マウスではなく、Magic Trackpadにした方が操作性が向上するかもしれません。マウスという装置も賞味期限が来たのかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月 3日 (金)

Kindle3

Amazon Kindle3 (WiFi+3G) を購入しました。
早い人は、発売当日の8月27日に日本に届いていたようですが、私の場合は9月1日に届きました。不在のため実際に入手したのは2日になってからです。
本体価格$189に加えて、送料と関税で$31.48が追加費用となりましたが、円高の恩恵で、\19,116($1=\86.702)での購入です。出荷日のレートの関係でこうなりましたが、人によっては、\19,000を切っていたかも知れませんね。

現時点では、一応ほぼ全ての機能を把握しました。
元々の目的は、無料でのWeb閲覧とPDFファイルの表示(資格過去問等の表示)でしたので、それを前提に感想を記します。
 ・Webについては、ブラウザーが複数タブ・複数ウインドウに対応していない為に、画面遷移が一部不可能になる点以外は、ほぼ満足。ただ、普通のパソコンやiPhoneなどと比べ、表示速度はかなり遅めです。表示デバイスがいわゆる電子インクなので、普通の液晶より書き換え速度が劣ります。通信速度は3G回線では悲しくなるくらい遅いですが、WiFiでは2?3倍に改善されます。しかしそれでも、もたつき感があります。ま、Webブラウズはおまけ機能みたいなもんですから、これで我慢しましょう。
 ・PDFファイルの表示については、かなりのファイルで文字が表示されないので、(日本語表示がまだ苦手?)不満が残ります。こちらはアップデートに期待しましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月13日 (日)

無線LANの11n化・・不具合

更新した無線LANですが、3日目以降は11nの速度では全く繋がらなくなりましたcrying
何をどうやっても、11gの速度、48?54Mbpsでしかリンクしてくれません。これでは買った意味がほとんどありません・・。
PLANEXに問い合わせたので、回答を待つことにします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 8日 (火)

無線LANの11n化・・続き

結局、写真のように取付けました。
子機(GW-USMicroN2W)の方は、受信感度UPを狙い、USB延長ケーブルを使って、デスクの上から出るようにしました。親機の無線LANルータ(MZK-WNH-BK)は、ホームゲートウエイ(Aterm BL170HV+WL54AG+外部アンテナ)をリプレースです。

auひかりからレンタルされているホームゲートウエイは、MACアドレスで認証をかけているようなので、そのままではリプレースできず、自前の無線LANルータなどもアクセスポイント専用としてゲートウエイの下に繋げないといけないようです。しかし、MACアドレスやホスト名を書き換え出来るルータであれば、ゲートウエイのMACアドレスやホスト名をコピーすることで、ゲートウエイをリプレースすることが出来ます。つまり、VDSLモデムに直接、無線LANルータ(MZK-WNH-BK)を取り付けることができました。

気になる速度や安定性ですが、残念ながら今ひとつといった感じです。下り速度は最大で40Mbpsとこれまでの2倍近くいくのですが、時間帯でかなりバラつきます。省エネを狙って親機の送信出力を25%と絞りすぎると10Mbpsを切ったり、最悪、繋がりません。上りは繋がりさえすれば、25~35Mbpsくらいで安定しています。親機の出力はなるべく絞らずに、50%くらいで様子をみてみようと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 7日 (月)

無線LANの11n化

我が家のネットはauひかりマンションタイプで、棟内はVDSLで配線されています。
家の中については、これまではレンタルのVDSLモデムとホームゲートウエイ(Aterm BL170HV)経由でつなげており、BL170HVの専用スロットに無線LANカード(WL54AG)を差して無線化していました。最初の頃は、有線で接続すれば最高53Mbpsほど、無線は11gで最高21Mbpsほど出ていました。
子機側は、Mac mini、iPod touch、Wii、コンバータ経由でVIERA、DIGA、そしてbb-shout、有線側はnet.USB経由でHP複合機です。

最近、どうも無線LANが不安定で、速度も遅く、起動時やスタンバイからの復帰時に再接続がなかなか出来ないなどの現象が起きていました。親機と子機のメーカー違いは何かと相性が良くないようです。最近マンション内のネット使用者も増えてきたようで、パフォーマンスも落ち、無線の混信も増えているのかもしれません。
繋がらない時は私は何とか対応出来ますが、妻が使っている時にもよく起きるので、安定化を模索していました。結局、無線を11nに変えて対応することにしました。

まず、Mac miniは11nが付いていないタイプなので、USB接続の11n子機が必要になります。当然親機も必要です。ここ1?2年で全体のアップグレードを考えているので、暫定措置として安価なものを導入することにしました。結果買ったのは親機にMZK-WNH-BK、Mac mini用子機にGW-USMicroN2Wとプラネックス社製品に統一しました。両方あわせて4000円弱で既設のコンバータもプラネックス製なので、相性のリスクは最小に出来ます。これでやってみます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月25日 (金)

Mac mini延命化

Mac mini(Late2006、MA607J/Aモデル、BTOでメモリ1GB、HDD80GB)を延命化し、自作WindowsXP機と統合し、Windows機の方を撤去することにしました。
Mac miniの方はメモリ2GB化、外付けHDDを増設し、Windows機に繋がっていたHPのインクジェット複合機PSC2150をLAN経由で使えるように、net.USBアダプターも購入しました。HPのサイトではSnow Leopardではスキャナが使えない旨が書かれていましたが、最新のドライバでは使用できました。また、Windowsが必要な場合にも備えて、SunのVirtualBoxもインストールしました。これで実用上全く問題ありません。
ただ、今回Mac miniを開いたときに、フックの爪を2本折ってしまったのと、カバーが完全に閉まらず1mm弱の隙間が空いているのがちょっと痛いですが・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧